京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



2017年01月26日

おごそかな正月

おもおもしく近寄りがたい様子を表す「おごそか」という言葉があります。以前のお正月といえば、確かにそういう雰囲気があった気がします。ひとりひとり、世間までもがどこか神妙で、まるで神様でもいるかの様な。それが、いつの間にかカウントダウンまでしてハッピーなお正月になりました。どちらがいい悪いではなく、そういう時代の変化なのでしょう。しかしながら、こちらの子ども達にとって、怖~い獅子舞が新年の幕開けです!
演目:水口囃子、寿獅子、そーらん節、もちつきばやし




同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
歴史的な存在に気づくとき
そうは、言われても(泣)
メダルを獲るわけではないのですが
これも「芸能」の役割ですか
金婚式のご夫妻がターゲットに!
生きている喜びを感じあいたい
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:44)
 そうは、言われても(泣) (2018-03-27 10:17)
 メダルを獲るわけではないのですが (2018-03-26 11:29)
 これも「芸能」の役割ですか (2018-03-25 09:49)
 金婚式のご夫妻がターゲットに! (2018-03-24 10:22)
 生きている喜びを感じあいたい (2018-03-23 08:35)

COMMENT: (0) CATEGORY: 伝統芸能


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP