京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



子ども太鼓教室「げんき」第22期の卒業生を送り出した指導者の「おっちゃん」。この日は、石見の太鼓打ち「今福優」さんやこれまでに卒業したOB達や交流のある皆さん方も駆けつけて盛大な終了式となりました。太鼓を通して命の大切さを伝え続けた「おっちゃん」。長年頑張ってきたのでここらで小休止だそうです。一人でも習いたい子どもがいれば、いつでも必ず教えます!と心強い挨拶に会場からは割れんばかりの大拍手!今福優さんと長年交流を続けた皆さんで「生命の詩(いのちのうた)」の合同演奏、命輝かして生きる尊さがほとばしる大演奏となりました。長年本当にお疲れさまでした!パワーアップした「おっちゃん」を楽しみに、次期開講を皆さんで楽しみに待ちましょう!
演目:水口囃子、はりまの田植え踊り、生命の詩





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
歴史的な存在に気づくとき
そうは、言われても(泣)
メダルを獲るわけではないのですが
これも「芸能」の役割ですか
金婚式のご夫妻がターゲットに!
生きている喜びを感じあいたい
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:44)
 そうは、言われても(泣) (2018-03-27 10:17)
 メダルを獲るわけではないのですが (2018-03-26 11:29)
 これも「芸能」の役割ですか (2018-03-25 09:49)
 金婚式のご夫妻がターゲットに! (2018-03-24 10:22)
 生きている喜びを感じあいたい (2018-03-23 08:35)

COMMENT: (0) CATEGORY: 伝統芸能


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP