京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



優に500人は超えているような気がします。老人施設主催の夏祭りなのですが、地域の皆さんが浴衣に着替えて、時間と共に続々と集まって来られるではありませんか!グランド一杯に並んだ屋台には、既にお客さんが列を成して並んでいます。すべて職員の皆さんによる手作りの模擬店です。お猿さんが来るとあって、一層お客さんも多いのでしょうか?心配していた雨も全然大丈夫で、夕日を浴びながらの公演となりました。初めてのお猿さんに、お客さんは歓声と拍手で沸き返っていました!職員の皆さんも大喜びで、夏のひと時を皆さんと楽しむ事ができました!
演目:猿まわし鉄平君、八丈島太鼓、猿まわし一平君





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)
「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から)
幸せをつくる集い
1回1回の公演を大切にする意味
情熱こそ魂
歴史的な存在に気づくとき
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-08 15:36)
 「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-07 14:03)
 幸せをつくる集い (2018-05-31 20:23)
 1回1回の公演を大切にする意味 (2018-05-25 20:02)
 情熱こそ魂 (2018-05-24 15:59)
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:44)

COMMENT: (0) CATEGORY: 伝統芸能


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP