京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



初めての依頼主からの要望で、初めての納涼会に伺いました。何分、「初めて」というと、一体どう上演したらいいのだろうかという、自分の中にある「芸能センサー」がハイレベルで稼働し、緊張感が全身を駆け抜けます。どう心配しても、精一杯上演するしかないのですが、どこか頭の隅で、そう事が進んでいきます。全身を駆け巡る緊張感の中、公演が始まっていきました。ところがどうでしょう、そんな緊張感をよそに、初めて見る花こまの芸能に、皆さんまるで子ども達の様に大はしゃぎじゃありませんか!どうぞ、お腹が一杯になるまで、私達の芸能を楽しんで帰って下さいね!
演目:寿獅子、そーらん節、花田の子守唄、南京玉すだれ





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)
「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から)
幸せをつくる集い
1回1回の公演を大切にする意味
情熱こそ魂
歴史的な存在に気づくとき
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-08 15:36)
 「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-07 14:03)
 幸せをつくる集い (2018-05-31 20:23)
 1回1回の公演を大切にする意味 (2018-05-25 20:02)
 情熱こそ魂 (2018-05-24 15:59)
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:44)

COMMENT: (0) CATEGORY: 伝統芸能


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP