京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



2017年10月01日

愛着いまだ薄れず、気持ちの高鳴りと興奮を抑える事はできません!

今でこそ、色んな食べ物が、所狭しとスーパーの棚に並んでいますが、50年程前までは、味噌、お茶、漬物、干し柿など、結構、色んな食べ物をそれぞれの農家で作っていたものです。また、節目節目の行事を行い、自然の恵みをもたらしてくれる感謝を表してきました。社会変化の中、行事だけが残り、一体何のための行事だったのか調べて見なと分からないものも出て来ています。農作物の実りへの感謝を表す「お月見」もそうかも知れません。しかしながら、餅米を蒸かして餅を搗く愛着はいまだに薄れず、その気持ちの高鳴りと興奮を抑える事はできません。
演目:もちつきばやし×2回





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演)
めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演)
時代とともに
ふるさとは遠きにありて思うもの
一芸入魂
「月」にあやかる
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-10-23 09:38)
 めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-10-20 10:00)
 時代とともに (2018-10-11 11:39)
 ふるさとは遠きにありて思うもの (2018-10-10 13:00)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:20)
 「月」にあやかる (2018-10-04 09:25)

Posted by 花こま  at 17:25 │Comments(0)伝統芸能

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。