京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



今年も、たくさんの皆様にお世話になりました!例年になく色んなハプニングがありましたが、無時「秋の猿まわし&花こま公演」を終える事ができました。大介さんが、地元鞍手町歴史民俗博物館の企画展に取り上げられ、自分で歩んでこられた「猿まわし」の芸を振り返り、再度大きな自信と誇りを再確認する機会になったんだと感じています。今回の公演や私達との会話にそれが表れていました。そんな大介さんから、私達も大きなエネルギーを頂きました。鉄平君の更なる前進に負けないように、私達も新しい作品づくりに挑戦し続けたいと思っています。また、来年にはたくさんの皆さんの下で公演ができる事を願っています。
演目:八丈島太鼓 猿まわし鉄平君 南京玉すだれ 猿まわしいっぺい君 寿獅子





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)
「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から)
幸せをつくる集い
1回1回の公演を大切にする意味
情熱こそ魂
歴史的な存在に気づくとき
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-08 15:36)
 「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から) (2018-07-07 14:03)
 幸せをつくる集い (2018-05-31 20:23)
 1回1回の公演を大切にする意味 (2018-05-25 20:02)
 情熱こそ魂 (2018-05-24 15:59)
 歴史的な存在に気づくとき (2018-05-06 14:44)

COMMENT: (1) CATEGORY: 伝統芸能


prevhomenext

COMMENT
お疲れさまでした。
また来年、パワーアップしてもどってきてください。
応援しています。
                まぁ
Posted by guildguild at 2017年11月21日 20:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP