京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



2018年03月23日

生きている喜びを感じあいたい

人間誰しも何かに抜きんでるものを持っているようです。施設に伺うと、手作りの作品、習字、画などが、まるで文化祭の様に飾ってあります。芸能がやって来るとなると、音楽を口ずさんだり、好きな歌を歌ったり、リズムに合わせて体を器用に動かしておられます。色んな能力や感性は、生きている限り発揮する事が嬉しい事です。昔取った杵柄でしょうか?先ほどまでの様子と打って変わり、こんなに力を入れて搗いても大丈夫?見てる私達が心配するほどに、それでも搗き終わった後の笑顔で、皆納得。
演目:寿獅子、もちつきばやし





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演)
めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演)
時代とともに
ふるさとは遠きにありて思うもの
一芸入魂
「月」にあやかる
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-10-23 09:38)
 めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-10-20 10:00)
 時代とともに (2018-10-11 11:39)
 ふるさとは遠きにありて思うもの (2018-10-10 13:00)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:20)
 「月」にあやかる (2018-10-04 09:25)

Posted by 花こま  at 08:35 │Comments(0)伝統芸能

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。