京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



2018年05月06日

歴史的な存在に気づくとき

余程有名観光地のお寺だったら境内に立ち入る事もあるでしょう。子ども達が連れ立って、地域にあるお寺を訪れる事など、近年珍しいのじゃないかと思います。毎年、「花まつり」を開催し、地元子ども会の皆さんを招待し続けておられます。この日の子ども達にとっては、魅惑的な体験となりました。ご住職などからのお話を伺い、そして、私達の「伝統芸能」を鑑賞頂きました。これまで、数え上げる事のできない位たくさんの、先達地元民が訪れ、願い、弔い、苦悩から逃れ、安らぎを手に入れた、そんな歴史的な場所での追体験です。子ども達の生き生きとした瞳の輝きを、お釈迦様はきっと喜んで下さったんじゃないでしょうか。
演目:水口囃子、寿獅子、花田の子守唄、秋田大黒舞、もちつきばやし





同じカテゴリー(伝統芸能)の記事画像
めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演)
めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演)
時代とともに
ふるさとは遠きにありて思うもの
一芸入魂
「月」にあやかる
同じカテゴリー(伝統芸能)の記事
 めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-10-23 09:38)
 めでたし、めでたし!(秋の猿まわし&花こま公演) (2018-10-20 10:00)
 時代とともに (2018-10-11 11:39)
 ふるさとは遠きにありて思うもの (2018-10-10 13:00)
 一芸入魂 (2018-10-09 11:20)
 「月」にあやかる (2018-10-04 09:25)

Posted by 花こま  at 14:44 │Comments(0)伝統芸能

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。